猫を飼っている方は、猫のしっぽが様々な形をしていることを見たことがありませんか?
実は猫のしっぽには役割があり、今猫がどんな気持ちなのかがある程度分かるのです。
今回は、そんな猫のしっぽが表す様々な感情をご紹介しようと思います。

しっぽが垂れ下がって震えているとき

猫がこのように、しっぽをたれ下げて震えさせているとき
このときの猫のキモチは「何かを恐れている」時の感情です。
お風呂が苦手な猫が、お風呂に入れられる前はこんなしっぽの形状になることがありますね。笑
こういうときはできるだけ、刺激しないようにしてあげましょう。

しっぽがピンと立っているとき

この場合の猫の感情は「あなたに会えてうれしい!」ときの感情です。
猫を飼っている方は、家に帰宅した際に猫がこのような尻尾をしていることを見たことがありませんか?
そんな時は猫があなたの帰りを待っていた時なんです。
猫も嬉しがっているため、しっかり可愛がってあげてくださいね。

しっぽが地面について揺れているとき

猫がこのしっぽをしているとき、それは「イラっとしている」ときです。
猫が嫌がるスキンシップをとったり、猫の近くで大きな声を出した時は
このようなしっぽをしている時がありますよね。
そんなときは、少しでもストレス解消をしてあげることを心がけましょう。

しっぽが水平にゆらゆらしているとき

そんな時は、猫が「何かに対して気になっている」ときの感情です。
例えば、猫に対して新しいおもちゃを与えたりしたときはこんな
しっぽの形をしていることを見たことがありませんか?
好奇心が刺激されている場合の感情なので、好奇心が旺盛な猫はこのしっぽを
しているときは実はとても気分がいいときなんですよ。

しっぽが90度垂直に立ち、震えているとき

このような猫のしっぽの場合は、「あなたに夢中」なときの感情です。
猫がとても好きなエサを与えたり、とても嬉しいときはこんなしっぽをしています。
またこんな感情を表すぐらいあなたに対してはとても心を開いている証拠なんです。

しっぽが後ろ足についているとき

猫がこんなしっぽの形をしているときは、「何かを心配している」ときです。
猫が鳴いてもあなたが反応しないときや、外出するときによく見られるしっぽですよね。
そんな時は、少しでも猫を安心させてあげるようにスキンシップをとったり
エサをあげたりして不安を解消してあげるようにしましょう。

しっぽが釣り上がり、激しく揺れているとき

こんな時の猫の感情は、「とにかく怒っている!」ときの感情です。
つまり、げきおこ!状態のときです。笑
イラッとしているときのしっぽの形もありましたが、これは最上級に怒りを表しています。
そんな時はあなたが猫に対して何かをしてしまったときでしょう。
猫との関係性が悪化することを防ぐため、こんな時はそっとしてあげるのが一番でしょう。

まとめ

さて今回は、猫のしっぽが表す猫のキモチをご紹介しました。
実はこんな感情をしていたんだ!というふうな驚きはありませんでしたか?
猫とのコミュニケーションをするうえで、猫のしっぽが表す感情を知っていれば
今よりもっと猫との良い関係性を築くことも出来るでしょう。
これまで以上に猫と深い関係になりたい!という方は是非気にしてあげてくださいね。