人間の目と比べて、猫の目って様々な色をしているのを見たことがありませんか?
実は猫の目には種類がたくさんあり、驚くような色の目も存在しているのです。
今回は、そんな猫の目の種類や色の多さについてご紹介しようと思います。

猫の目と人間の目の違い

猫の目と人間の目

まず猫の目と人間の目には大きな違いがあります。
猫の目は基本的に、夜に対しての耐性が強くできています
猫を飼っていると、瞳の瞳孔の大きさが昼と夜とで全然違うところを見たことがありませんか?
実は猫は光の明るさによって、瞳孔の大きさを変化させることにより
目に入ってくる光の量を調節しているのです。
瞳孔が大きければ大きいほど、光の明るさが少ない場所にいる状態です。
逆に小さければ小さいほど、光の明るさが多い場所にいる状態なんです。

猫の目の違い

 

また視野にも人間と猫では大きな違いがあるそうです。

 

猫と人間の見え方の違いについて

・人間の視野180度に対して、猫の視野は200度。要するに猫のほうが視野が広い。
・周辺視野(視線のすぐ外側の範囲)は人間の20度に対して、猫は30度。これはもののぼやけ具合を表わす。
・薄暗い中での視力は猫は人間の6~8倍。猫は網膜の桿体細胞が多く、瞳孔が細長く楕円で、大きな角膜やタペタム層(網膜の裏にある細胞層)をもつため。

引用元:http://karapaia.com/archives/52145371.html

猫と人間の目の違いが分かったところで、次は猫の様々な目をご紹介していきましょう。

一般的な原色系の色【グリーン】【ブルー】【カッパー】【イエロー】

猫の目の様々な色

猫の目の種類として最もポピュラーなのはこちらの4種類の原色でしょう。
珍しい目をしている猫種もたくさん存在していますが、基本的に猫の目の色は
こちらの原色の4種類を基本としています。
それでは、珍しい目の色の種類もご紹介していきましょう。

緑と茶色のグラデーション!?【ヘーゼル】

猫の目の色ヘーゼル

まずご紹介するのがこちらの「ヘーゼル」とい猫の目の種類です。
ヘーゼルとは一概に、榛色(はしばみいろ)のことで一般的にはグリーンとブラウンの中間の色です。
しかし、猫の場合は画像のようにブラウンとグリーンがグラデーションの様にキレイになっているんですよ。

海の様な青さ【サファイアブルー】

猫の目の色サファイアブルー

その瞳の色がサファイアの宝石のようなキレイな色をしている「サファイアブルー」
一般的なブルーとは違い、少し薄めの青色になっており引き込まれそうな美しさがありますね。
サファイアブルーを持っている猫は、購入する場合は高値で取引されることが多いですね。
それだけ珍しい種類とも言えます。

瞳の色が左右で違う!?【オッドアイ】

猫の目の色オッドアイ

オッドアイは左右で瞳の色が違う種類の目の色です。
左右で目の色が違っており、とてもめずらしい種類にあたります。
基本的に猫のオッドアイの種類としては、カッパーとブルーのオッドアイが最もポピュラーですが
中にはグリーンとサファイアブルーの目の色を持つ非常に珍しい猫ちゃんも存在しています!

猫の目の色グリーンとサファイアブルーのオッドアイ

一つの目に2つの色!?【ダイクロイックアイ】

猫の目の色ダイクロイックアイ

先程ご紹介したオッドアイより、更に珍しい目の種類も存在します。
それはこちらのダイクロイックアイで、一つの眼球に2つの色が存在しています。
語源はダイクロイックミラーから取られており、ダイクロイックミラーとは特殊な光学素材を用いて作成された鏡の一種で、
光の三原色である「グリーン」「レッド」「ブルー」の中心が混じっているような珍しい瞳の色をしているため
ダイクロイックアイと名付けられました。
こちらの瞳をしている猫は本当に珍しいため、実際に目に出来れば幸せになるとも言われています。

アルビノだけに見られる【レッド】

猫のアルビノ

アルビノという病名自体は、人間の方でも特定の病気として知られているかと思いますが
アルビノとはメラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体のこと
同じ生物である猫にもアルビノという病気を患っている場合があります。
その場合に見られることのある瞳の色の種類として「レッド」があります。
病気が原因として見られるこちらの色ですが、どこか神秘性を感じさせられますね。

まとめ

さて本記事では、猫の目の種類や色についてご紹介しました。
基本的に猫の目の種類は、上記でご紹介した色から様々なパターンを含め
約20種類も存在していると言われています。
猫を飼いたいと思ううえで、瞳の色から選ぶ人も少なからずいらっしゃいます。
気に入った目の色から飼いたい猫を選んでみるのも一つの方法ですよ。