猫を飼っている方は、猫をお風呂に入れようとすると
聞いたことがないほどの声で叫んで嫌がられることってありませんか?
嫌がられて結局入れなくても、猫ってあんまり臭くならないですよね。
実は猫にはお風呂に入れる必要がない、ある理由があるんです。

また、そもそもなぜ猫はお風呂に入れられるのを嫌うのでしょうか?
本記事では、猫のお風呂の必要性となぜ嫌がるのかをご紹介します。

猫はなぜお風呂を嫌うのか?

そもそも猫はなぜお風呂に入るのを嫌うのでしょうか?
お風呂場で水をなめたりすることはあっても、入れようとすると
本当に嫌がることが多いですよね。
その理由は単純に「猫は皮膚が濡れるのが嫌い」だからなんです。

水が嫌いな理由は猫の先祖にあった!?

その理由は、猫の祖先と言われている「リビアヤマネコ」の習性にあるそうです。
リビアヤマネコはもともと、砂漠地帯で生活をしていた動物であり
砂漠では気温の変化が激しいこともあり、猫の皮膚が水に濡れてしまうと
夜から朝にかけての寒い気温から暑い気温になることにより
水分が蒸発して気化熱が発生し、体温が奪われてしまうんです。
砂漠では体温が奪われると命に危険を及ぼすため、体温の維持がとても重要なんですね。

じゃあ猫はお風呂に入れなくてもいいの?

猫のお風呂

 

結論から言うと、猫は「お風呂に入れる必要がありません
実際に猫を飼っている方は分かるかと思いますが、猫はお風呂に入れなくても
体臭がするってことはありませんよね?
汚そうだからという理由で無理矢理入れようとする方もいるかと思いますが、
できるだけ無理矢理入れることは避けましょう
猫にストレスを与えてしまい、猫との関係性にヒビが・・・なんてこともありえます。

お風呂に入れる必要がない理由

猫はそもそも、人間のように体皮から汗をかくことがありません
猫が唯一汗をかくところ、それは肉球からだけなんです。
また、猫はよく毛繕いをするため、毛にホコリがついても自分でキレイに
することができます。
お風呂に入れなくても体臭がしない理由はそこにあり、猫を無理矢理
お風呂に入れる必要はないんですね。

それでもどうしても洗う場合はどうすればいいの?

猫のお風呂

猫をどうしても洗う必要が出てしまう場合、その大体は以下の理由じゃないでしょうか。

  • お外に出てしまい、汚くなってしまった。
  • 部屋の中で調味料などをこぼして、かかってしまった。
  • 赤ちゃんや子供と触れ合い、よだれがついてしまった。

これらの理由が主かと思いますが、基本的にどうしても洗う必要がある場合は
濡れたタオルで汚い部分のみを拭く」という程度が一番の方法です。
お外に出てしまったときは、肉球が一番汚いと思うので必ず拭いてあげるようにしましょう。

また猫によっては稀に、お風呂が苦手じゃない猫もいますのでその場合は
猫用のシャンプーを買って、洗ってあげると良いでしょう。
お風呂が好きな猫は、それだけでストレスも解消してあげられますよ。

まとめ

さて今回は、猫のお風呂の必要性と嫌がる理由をご紹介しました。
今まさに、猫がお風呂を嫌がっていて無理矢理入れようとしてないですか?
それは飼い主と猫との信頼関係を壊してしまう原因になってしまいます。
猫は無理矢理お風呂に入れなくても、身体を清潔に保つことができますので
猫にストレスを与えないように、良い関係性を築けると良いですね。