もうすぐ夏の季節になりますね。
人間も猫も季節の変わり目にはとても注意が必要です。
特に猫の場合は、季節の変わり目になってから元気がないということが
よくあります。

さて今回は、猫にとって季節の変わり目になるとどんな症状がでるのか
またその対処法についてご紹介しようと思います。

①抜け毛が多くなる

猫の抜け毛

猫にとって、季節の変わり目で気をつけることは「抜け毛」です。
季節の変わり目になると、猫はとにかく抜け毛が多くなります。

動物には「換毛期」という季節があり、主に春と秋の季節の変わり目になると
抜け毛が多くなる時期に差し掛かります。
そのため、猫の抜け毛には事前に対策や対処法を知っておくととても役に立ちます。

抜け毛の対処法については、こちらの記事に詳しく書かれています。
あなたは知ってる?猫の抜け毛の原因と対策

②食欲がなくなる

猫は季節の変わり目になると、食欲がなくなってしまうことがあります。
その原因は、人間とほぼ同じです。

猫にも「夏バテ」というものが存在し、季節の変わり目になると
気温の寒暖差によって身体が温度差についていけずになんとなく
ダルく感じてしまったりして食欲も無くなることがあります。

季節の変わり目で食欲がなくなったときの対処法

猫が急にエサをあまり食べなくなったときに出来る対処法は幾つかあります。
事前に行える対策や対処法を知ってくことはとても大切です。

室内の温度を適正温度にする

猫にとっても人間にとっても、やはり適温というものが存在します。
猫にとっての適温は、「冬の場合は24℃前後」で「夏の場合は28℃前後」です。

また、室内の温度を調整する場合はエアコンを使用すると良いとされています。
この室内温度を適温にするだけでも、猫の食欲不振は改善される可能性があります。

カロリーの多い食事を用意する

猫の食事

猫が食欲がなくなってしまい、毎日のエサを食べなくなってしまった場合は
猫も人間と同じなので、やはり痩せてしまうことがあります。

その場合は、普段の食事を少し変えてみて出来るだけ
カロリーの多いエサをあげるようにしましょう。
毎日の食事の回数を減らす代わりに、一食で摂るエネルギーの量を増やす
ことによって猫が痩せてしまう原因を断ってあげましょう。

エサで摂取するエネルギーが多いと、それだけ猫の身体にも元気が
出てそのまま食欲不振が解消されることがあります。

それでも治らない場合は病気の可能性が

室内温度の調整やエサを変えてみても、まだ猫の食欲がない場合は
猫が病気に掛かっている可能性があります。

猫が季節の変わり目に掛かりやすい病気は、幾つかあります。

  • 口内炎
  • 鼻炎
  • 肝炎
  • リンパ腫
  • 感染症

どの病気の症状も、猫にとって致命的な病気になってしまうことがあります。
猫の食欲が出ない日が「3日」続くようであれば、すぐに病院に連れていって
診断をしてもらいましょう。
病気を治すには、常に早めに対処することが大事です。

まとめ

さて今回は、季節の変わり目による猫に起きる症状についてまとめました。
主に考えられるのは「元気がなくなる」ことと「抜け毛が多くなること」でしょうか。
どちらにしろ、常に対策をしていればあまり恐れることではありません。
猫と長く暮らしていくためにも、日々の対策を怠らないようにしましょうね。