夏目友人帳_にゃんこ先生

猫好きには堪らない癒し漫画となっている「夏目友人帳
とても有名な漫画ですが、その作中に登場する猫のキャラクターである
にゃんこ先生」は作中の中でもとても人気なキャラクターです。

見た目は茶色と灰色が混ざっている三毛猫のように見えますが
果たして実際に存在する猫種なのでしょうか?

今回はその気になるにゃんこ先生は実在する猫種が元になっている
キャラクターなのかどうか、調査してみました。

そもそもにゃんこ先生とは?

夏目友人帳_にゃんこ先生

そもそもの話、にゃんこ先生というキャラクターを知らない人もいるでしょう。
にゃんこ先生とは、白泉社から発売されている少女漫画コミック「夏目友人帳」に登場する
実際は妖怪である「斑(まだら)」が猫の姿に変化した姿であるキャラクターのことを言います。

その見た目はとにかく短足でとても太っている猫の姿をしています。
作中では「ブタネコ」や「デブネコ」、「たぬきだるま」なんて呼ばれたりもします。笑

気になる性格は・・・
見た目の通り、性格はとてもふてぶてしい性格をしていますが、主人公の夏目 貴志(なつめ たかし)が 困っていれば本来の姿である妖怪の斑の姿に変化し、事あるごとに手助けをしています。 実際は、とても優しい性格の妖怪なんですね。

にゃんこ先生は「まねき猫」がモチーフだった!

日本のまねき猫

さて、本来の姿は妖怪であるにゃんこ先生ですが妖怪が実世界に降臨するには
そもそも「依代」という一つの物体に憑依して降臨する必要があります。
その際に斑が依代としたのはなんと「まねき猫なんです。
つまり、にゃんこ先生の姿の元ネタは「まねき猫」が元ネタになっており
実在する猫種が元ネタとなっているわけではなかったのですね。

にゃんこ先生の見た目に近い猫種は「マンチカン」

実在する猫種が元ネタとなっているわけではなかったのはわかりましたが
にゃんこ先生が好きな筆者としてはやはり近い姿をしている猫種がいれば
気になるなーと思ったりもします。

そこでにゃんこ先生の見た目に近い猫種を探してみましたが、
短足で全体的に丸みを帯びている姿をしている「マンチカン
がおそらく最もにゃんこ先生に近い姿をしている猫種でしょう。

短足なマンチカンの姿

実際のマンチカンの性格としてはとにかく飼い主に甘えたがりな性格を
しているので、表面上はふてぶてしい性格をしているにゃんこ先生とは
正反対だと思います。

しかし、にゃんこ先生は作中でも主人公の貴志の近くに常にいる状態で
何かあればご飯をくれくれと甘えている姿も見られます。
なので、本来の性格としては近いのかもしれませんね。笑

まとめ

さて今回は、夏目友人帳の人気キャラクターであるにゃんこ先生が
実際に存在する猫種がモチーフなのか調査を行いました。
実際は、まねき猫がモチーフだったので実在する猫種ではありませんでした。
しかし、マンチカンが最もにゃんこ先生に近い猫種でしょう。

マンチカンについては、こちらの記事で性格や価格について記載しています。
興味が湧いた方は、ぜひご覧になってみてくださいね。