猫を飼育するうえで欠かせない、猫の爪とぎ対策
皆さんは、猫の爪とぎ対策は既に済ませていますか?

実は猫の爪とぎ対策の一つの方法として、猫の爪にカバーをつける
ネイルキャップ」という対策グッズがあるんです。

ネイルキャップを聞いたことがない人は、その使い方や
猫に悪影響がないのか、気になりますよね。

そこで今回は、猫の爪とぎ対策グッズである「ネイルキャップ」について
その詳細や使用感についてご紹介しようと思います。

そもそも猫に爪とぎ対策は必要なの?

そもそもの話、猫に爪とぎ対策は必要なのでしょうか?
ここは間違いなく「必要」だと言えるでしょう。
猫を飼っている方はご存知かと思いますが、猫の爪とぎ対策を
怠っていると、大変なことになります・・・。

爪とぎ対策を怠っていると・・・

壁がこんな惨状に
こんな惨状になることを防ぐために、猫の爪とぎ対策は 絶対に必要です。
そこで、猫の爪とぎ対策のひとつのグッズとして「ネイルキャップ」が 使用されることがあるんですね。

猫用ネイルキャップって実際どんなの?

それでは、猫用のネイルキャップの詳細についてご紹介していきましょう。

見た目

詳細を見る

 

ネイルキャップはこんな見た目をしています。
素材は「ゴム」で出来ており、ゴム素材のため猫が誤って飲み込んで
しまっても安全な作りになっています。

また、サイズがとても豊富で
XS、S、M、L、XLの5つのサイズがあります。
サイズについては、猫の体重によって選ぶ必要があります。

XS・・・0-1.5kgのペット用に
S・・・1.5-3kgのペット用に
M・・・3-4.5kgのペット用に
L・・・4.5-6kgのペット用に
XL・・・6kg以上のペット用に

そしてこちらの画像のようにカラーのバリエーションもとても豊富なので、猫用の
オシャレ商品の一つとしても使われていたりもしますよ。

使用方法

①猫の爪の先端を、ネイルキャップに合う用に少しだけカットする

②ネイルキャップの1/3位まで専用の接着剤を入れる

③接着剤が乾くまで5分ほど固定させる

④接着剤の固定が終われば、装着完了!
(固定が終わるまでは、猫のお気に入りのエサやおやつで注意を逸らすと良いですよ。)

気になるお値段

ネイルキャップの値段については、大体1000円前後が相場になっています。
基本的に100個セットになっているので、一度買えば当分は持ちますよ。

※ネイルキャップを使用する前に

ネイルキャップは猫によっては、拒否反応を示すことがあります。
成猫になった段階で拒否反応を示すとなかなか受け入れてくれません。
そのため、出来るだけ子猫の段階からネイルキャップを装着し
ネイルキャップに慣れさせてあげる心がけが必要です。

猫が拒否反応を強く示した場合は…
猫にネイルキャップを装着しようとした際、どうしても
拒否反応を示してしまう猫がいます。
その場合は、猫が長期間のあいだ爪を気にしてしまいストレスを感じているようであれば無理矢理につけることは避けてあげましょう。

ネイルキャップの実際の使用感

ネイルキャップの使用感には、様々な意見があるようです。
その中で気になった意見をピックアップしてみました。

肯定的な意見
・壁紙のガリガリが実際に起きなくなった
・見た目がオシャレなので、猫の可愛らしさが増した
・猫が赤ちゃんや他の猫に対して、ケガを負わせる心配がなくなった
否定的な意見
・猫の爪が伸びた時に、調整するのがやや面倒
・猫が自分で取り外してしまい、拒否反応を示した
・サイズ選びに失敗し、再購入する必要があった

実際に効果自体は期待できるようですが、やはり猫への
ストレスが気になるという意見もあるようですね。

ネイルキャップ以外にもこんな対策グッズが

ネイルキャップを受け入れない場合にも、猫の爪とぎ対策グッズは
幾つかあります。
爪とぎ対策として、他の選択肢を考えてみるのも良いですよ。

爪とぎ専用の壁「ガリガリウォール」

詳細を見る

爪とぎ専用ベット「バリバリベッド」

詳細を見る

まとめ

さて今回は、猫用のネイルキャップについてご紹介しました。
実際に爪とぎ対策としては、かなりの効果があるようですが
デメリットとしては、やはり「ストレスを感じてしまうことがある」
という点でしょうか。

猫の爪とぎ対策は、しつけでも改善されることがあるので
爪とぎ対策グッズを購入しない場合は、しつけで改善を目指すのも良いでしょうね。