折れた小さな耳が特徴的で可愛い猫である「スコティッシュフォールド」
その見た目はとてもか弱そうなイメージがありますが、果たして実際はどんな
性格や特徴があるのでしょうか。気になりますね!
本記事では、そんなスコティッシュフォールドについてご紹介しようと思います。
また、購入する場合の価格やどんな人にオススメかについても併せてどうぞ。

スコティッシュフォールドってどんな猫?

スコティッシュフォールド

生まれた土地はどこ?

スコティッシュフォールドの生まれは、その名の通り「スコットランド」で生まれました。
1961年にスコットランドのテイサイドという地域の農家に生まれた一匹の白猫が
生んだ子猫が成猫になっても折れた耳(英語でFold)を持っていることから
スコティッシュフォールド(スコットランドの折れ耳猫)
と名付けられ、1994年になってから正式に登録されました。

どんな見た目なの?

スコティッシュフォールドの見た目は、やはり特徴的なその折れた耳でしょう。
また目も少し垂れたまんまるな目をしており、とても
守ってあげたくなるような見た目をしています。

毛色の種類としては、「レッドタビー」や「シルバー」「クリームタビー」などが主で
大体6種類のパターンが存在しています。
猫種の中では、毛色のパターンが多い傾向にありますね。

どんな性格なの?

スコティッシュフォールドの性格は、基本的に「大人しく人懐こい性格」をしています。
またその見た目どおり、一度懐くととても甘えん坊になることが特徴です。
大人しく人懐こい性格なので、はじめて猫を飼う方には手間があまり掛からなく
人に懐きやすいためとてもオススメ出来る猫種ですね。

スコティッシュフォールドの平均寿命は?

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの平均寿命は、約12年前後と言われています。
猫全体の平均寿命では、約15年が平均のため、だいぶ短命の傾向にありますね。

しかし猫の寿命は飼育方法や環境によって左右されるため、飼育方法に気をつけてあげることが大切です。
特にスコティッシュフォールドの場合は先天的に骨の病気に掛かりやすい傾向にあります。

生後3ヶ月~2年の間に発症する「遺伝性骨形成異常症」という病気に掛かりやすく
少しでも歩き方がおかしいと思った時は、すぐに動物病院につれていってあげるようにしましょう。
猫の寿命は、飼い方や環境によって全然違ってきます。

スコティッシュフォールドの購入価格は?

白いスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドを購入する際に必要となる金額ですが
約8万円~25万円前後
となります。

人気が高い猫種の中では、平均としては大分安い傾向にありますが
人気の毛色やキレイな姿をしている場合は、とても値段が張ってしまいますね。

スコティッシュフォールドを飼う際に気を付ける2つのこと

耳の掃除は欠かさない

スコティッシュフォールドは、特徴である折れた耳によって
耳の中にゴミが溜まりやすい構造になっています。
そのため、定期的に耳の中を掃除してあげることが大切になります。
耳のゴミを放おっておくことで、病気になる可能性もあります。
2~3日に一度は、耳を掃除してあげることを心がけましょう。

定期的に構ってあげる

スコティッシュフォールドは、人に懐きやすい性格以外に
人にとても甘えたがりな性格をしています。
そのため、長期間の間構ってあげない時間を作ってしまうと
ストレスを抱えてしまい、それも病気の一つの原因となってしまう可能性があります。
少しでも暇を見つけたら、構ってあげてストレスを解消してあげましょう。
また、長期間家を空ける場合は誰か他の知り合いの家に預けたり
可能であれば、一緒につれていってあげることが大切です。

こんな人にオススメ!

スコティッシュフォールドはとても人懐こく甘えたがりな性格で
家にいても大人しい猫種です。
そのため、以下のような人にはとてもおすすめできます。

・活発的な猫よりは大人しい猫のほうが好き!
・猫とスキンシップをたくさんとりたい!
・守ってあげたくなるような猫が好き
・猫と早く仲良くなりたい!

この4つの条件に当てはまる人はぜひ、「スコティッシュフォールド」をおすすめします。